Holy India Empire
神聖インド帝国ヴィシュヌの街ブッダの家インドの仏教遺跡>ブッダ・ガヤー
  ブッダ・ガヤー Vishnu City




マハーボディー寺院
 ブッダが覚りを開いた地。ブッダは苦行をやめた後、ブッダ・ガヤーの大きな菩提樹の下で深い瞑想に入り、悪魔マーラの妨害を振り切って覚りを開いた。その菩提樹は今でも残っており、写真のマハーボディー寺院の裏にある。仏教4大聖地のひとつで、もっとも重要な巡礼地。

セーナー村

 ブッダ・ガヤーのすぐ傍を流れるネーランジャー河の対岸には、苦行明けのブッダに乳粥を供養したスジャータが住んでいたセーナー村がある。ブッダの生きた時代とほとんど変わらぬ風景を残している。

戻る